Visualforceでエラーメッセージを出す魔法のコピペ魔人!

visualforceを作成している時に、エラーメッセージを表示させたい場合がありますよね。

そんなvisualforce使いのあなたにとっておきのソースコードをご紹介します!

これをコピペするだけで、あら不思議!? 画面にエラーメッセージが表示されるようになります。

しかも、しかもですよ!!!

CSSを書かなくても標準画面と同じデザインでエラーメッセージが表示できるんです♪

この先は、省エネでエラーメッセージを表示させたい方のみご覧いただき、
どうしても自力でコーディングしたい方は、どうぞ遠慮なくブラウザを閉じてください(+o+)

 

Visualforce

<apex:page controller="viewErrorMessageController">

   <!-- この1行がコピペ魔人!-->
   <apex:pageMessages />

</apex:page>

 

Apex

public class viewErrorMessageController {

   public errorController() {
      ApexPages.Message message = new ApexPages.Message( ApexPages.severity.ERROR, 'コピペ魔人がエラーを表示しました!');
      ApexPages.addMessage(message);
   }
}

画面で表示するとこのように警告色で表示されます。
ApexPages.Messageのコンストラクタに、”ApexPages.severity.ERROR”を指定するだけなので、
CSSを書かなくて済みます♪

さぁ、今日もたくさんコーディングをしましょう!!

Hava a nice SFDC life 🙂